太宰府梅園アンテナ(梅園広報部)

写真

  • この専門家のプロフィール
  • この専門家に問い合せる
  • 有限会社梅園
  • 福岡県太宰府市宰府2丁目6-16
  • 092-922-4058

太宰府梅園アンテナ(梅園広報部)

鬼すべ 追儺の儀式 2015/1/7(水)

 本日は鬼すべの神事が行われます。この鬼すべは、節分の元にもなった追儺(ついな・おにやらい)のことです。追儺は、悪疫邪気などの災厄を追い払うという意味があるようです。筑前國続風土記によれば、はるか昔は貧人を捕まえて鬼となし、堂の辺りを引き回して、棒で打ちたたき、松の煙でいぶすとことで追儺の証としたと書かれています。


また、観世音寺の追儺では、お寺の付近を歩いている通行人を誰でもいいから捕まえて、これに鬼の面をつけさせ、衣装もきらびやかにし、これを儺鬼(だき)として、やはり棒で打ち叩くという習慣があったようです。たまたま鬼にさせられた人はたまったものではありません。みな大変苦しんだそうで、七日は観世音寺に近づく人はいなかったそうです。


 この追儺、かつては、武蔵寺、観世音寺、香椎宮、住吉神社でも行われていたようですが、鬼すべとして残っているのは天満宮だけです。江戸時代の頃には、通行人を捕まえて悩ますということはなくなったそうで、貧人に物を与えて鬼役をさせたということですので、鬼もアルバイトになったということでしょうか。


 さて、この鬼すべの前には鷽替えの神事も行われます。太宰府天満宮の鷽替えでは運が良ければ「金の鷽」を手にするチャンスもあります。昨年、実際にこの「金の鷽」が当たった方がいました。今年はどうでしょうか。鷽替えも鬼すべも底冷えしますので暖かくしてお出かけください。

鬼すべ
鬼すべ
鬼すべ
鬼すべ

Copyright (C) chikushi-navi. All Rights Reserved.